1 学校の概要

 


@ 学校の所在地域
 本校‥秋田県北部に位置し・日本三鶏の一つ「比内地鶏」の産地で有名な大館市比内町に開校
 
 かづの校‥「花輪ばやし」と「大湯ストンサークル」で有名な鹿角市花輪に開校
 
 たかのす校‥「大太鼓の里」北秋田市に位置する社会福祉法人の総合福祉施設に隣接して開校

A 県立特別支援学校<知的障害教育>では県内で一番の歴史
   本校:昭和49年4月開校(寄宿舎併設),昭和59年高等部設置
   分校:昭和52年(両分校ともに,社会福祉法人立の児童施設に隣接)開校
      かづの校(平成1O年),たかのす校(同12年)それぞれに高等部(本校の分教室
      として)設置

B 緑豊かな自然に恵まれている‥学校緑化コンクール,学校花だんコンクール等で受賞多数
   本校:校地の総面積約5万u(内,農業実習地1万5千u),秋田県愛鳥モデル校に指定
   かづの校:約8千u たかのす校:約7千u

C 県教育委員会及び文部科学省委嘱の研究への協力実績
   職業自立調査研究・就職サポート事業,障害児理解推進,交流教育推進適正就学推進
   センター的機能充実研究,児童生徒放課後生活支援事業,教育課程,授業改善

D 児童生徒の状況
 1)児童生徒数 本校94名‥在籍数の激減期から回復期へ(最大在籍125名,最小在籍56名)
       かづの校51名,たかのす校45名:高等部設置に伴い増加傾向

 2)児童生徒の障害・疾病状況 本校,分校とも障害の多様化,重複化の傾向
       医療的ケアの対象児童生徒:本校,かづの校に看護師各1名配置

E 早急な取り組みが求められている課題
 1)授業改善及びその実現のための実際的弾力的な体制の組織化

 2)本分校校舎の傷みやバリアフリー化への対応及び将来構想の策定。